イオンレイクタウンで、麺に「柿渋」を練り込んだ、らーめん風伯の「鶏がらしおチャーシュー」を食べてきた!

らーめん風伯 飲食店

こんにちは、レイクタウン情報局のsoraです!

仕事の帰りに寄り道をして、イオン レイクタウン Kazeの3Fにある「らーめん風伯(ふうはく)」に行ってきました。

スポンサーリンク

らーめん風伯

「らーめん風伯(ふうはく)」。レイクタウン以外の場所では目にしたことのなかったので、お店のWebサイトを見てみると、もともとは3年前の2013年に新潟でお店を始め、今年 2016年の8月26日に2番めのお店としてレイクタウンを出したようです。

「らーめん風伯」
http://www.kitakata.co.jp/fuhaku/

明るい店内

お店はの明るい内装になっていて、薄暗い照明のラーメン専門店とは異なり、女性客やお子様連れでも入りやすそうな雰囲気です。
あらためて写真だけで見ると、日高屋の様な雰囲気でもありますね。

同じイオン レイクタウンに入っている、「一蘭」のこだわりの店作りとは対照的です。

参照: 越谷レイクタウンのイオン レイクタウンmoriにある人気店、天然とんこつラーメン専門店「一蘭」。女性も安心、半個室カウンターでラーメンを食べてきた!

らーめん風伯

らーめん風伯

メニュー

席に座って、メニューを開くと、魚介ベースの「つけ麺」、とりがらの「しお」と「しょうゆ」、豚骨の「しお」と「しょうゆ」、「しろみそ」と「辛みそ」幅広くいろいろな味のメニューが並んでいます。
このあたりも家族客のニーズに対応できるメニュー構成を考えているのかもしれません。

ラーメン風伯

らーめん風伯

らーめん風伯「鶏がらしおチャーシュー」を注文!

今回はさっぱりと「鶏がらしおチャーシュー」(990円)にしてみました。

メニューによると、、、

厳選した鶏がらから煮出したあっさりスープ。
自慢の正油タレ&塩タレで、磯のりや野菜ラーメンもラインアップ。

塩らーめんには沖縄の塩『シママース』を使用。コクの深い味わいです。

というようなことが書かれています。

らーめん風伯

注文をして、出来上がりを待つ間、お店の中やメニューを見ていると、このお店の麺には「柿渋」が練り込まれているそうです。
柿渋には 「柿タンニン」というポリフェノールが大量に含まれていて、 この「柿タンニン」がタンパク質の凝固作用に優れ、植物組織の強化性もあるというようなことが書いてあります。

らーめん風伯

むずかしい理屈はわかりませんが、要するに麺を固める作用が期待でき、弾力のある麺ができるということでしょうか。

ラーメン登場

しばらくして 「鶏がらしおチャーシュー」がやってきました。

らーめん風伯

透き通った鶏がらスープと、「柿渋」が練り込まれているという麺の上に、チャーシュー、メンマ、味玉、チンゲン菜、水菜(?)が載せられています。

鶏がらしお味のスープはあっさりとしていて脂が多いラーメンが苦手な方でもいけそうです!

麺は中太麺ぐらいでしょうか。
これも柿渋の効果なのか、ツルツルと口の中に滑り込んでいく麺です。
渋かったり苦かったりすることもなく、口当たりの良い麺です。

らーめん風伯

沖縄の『シママース』という塩を使ったスープは、適度な塩加減で、コクある深い味わいですが、塩辛すぎるということもありません。クセが無いスープで美味しくいただくことができます!

個人的な感想としては、味は良かったのですが、たまたま麺だけが少し茹ですぎてしまったのか、運ばれてきた後、のんきに写真を撮っていたからなのか、ほんの少しだけやわらかいかなという印象でした。

らーめんの味は、バリュエーションもあって、家族で来ても、それぞれの好みで別々の味を楽しむこともできそうなお店です。

以上、 イオン レイクタウン Kazeの3Fにある「らーめん風伯(ふうはく)」から、お伝えいたしました!


お店の情報

らーめん風伯

電話番号 048-934-3353
営業時間 11:00~23:00(ラストオーダー 22:00)
席数 31席
住所 〒343-0828 埼玉県越谷市レイクタウン4丁目2番地2 イオンレイクタウンkaze 3F

この記事が気に入ったら「レイクタウン情報局」をフォローして、最新記事をチェックしよう!
飲食店
スポンサーリンク
sora@レイクタウン情報局をフォロー
レイクタウン情報局