越谷レイクタウン南口 駅前ロータリー入口の交差点。歩行者用信号はいつ設置される?

レイクタウン南口駅前 交通

こんにちは!レイクタウン情報局のsoraです!

まもなく10周年を迎えるレイクタウンの街。

街の開発は日々進み、今日も変化を続けています。

今回はそんなレイクタウンの中心、レイクタウン8丁目にある交差点の話です。

スポンサーリンク

越谷レイクタウン駅 南口駅前ロータリーの入口にある交差点

今回の現場はレイクタウン8丁目。
JR越谷レイクタウン南口を出て、駅前のロータリーの出入り口となるT字路になっている交差点です。

レイクタウン南口駅前

近くには、分譲マンションの「アクアステージ グランアルト越谷レイクタウン」が立ち、その向かいには新しいビルや、2018年8月頃のオープンを目指し「埼玉りそな銀行越谷支店 越谷レイクタウン出張所」の建設が進んでいます。

レイクタウン8丁目付近
※Googleマップより

現時点では、自動車の通行量こそあまり多くはありませんが、朝夕の通勤通学時間には、多くの人がこの交差点の横断歩道を利用しています。

自動車用の信号はあるが、歩行者用の信号はない。

この交差点には、車両用の信号機と、歩行者用の横断歩道がありますが、歩行者用の横断歩道には、歩行者横断用の信号機が付いていません。

越谷レイクタウン南口の交差点

横断歩道を渡る人は、車両用の信号機を覗き込んで、周囲に車両が来ないことを確認した上で、恐る恐る横断歩道を渡る事になります。

こうしたこともあってか、朝、近くの学校の通学時間帯には、毎朝学校の先生(?)が交差点付近に立ち、生徒の誘導をしているようです。

歩行者用の信号機がない場所はたくさんあるけれど、、、

この横断歩道に限らず、横断歩道に歩行者用の信号機が取付けられていない場所は数多くあります。

実際、この交差点から北側に150mほど歩いたところにある横断歩道には、信号機がなく、横断歩道のゼブラマークだけが路面に記されています。

通行量のあまり多くない1本道などでは、歩行者用の信号機が無いことは、さして珍しいことではない光景ですが、駅前ロータリーの入口にあたる交差点で、車両用の信号機は整備されていることや、横断する歩行者の通行量などの利用実態からしても、そろそろ信号機が取付けられても良い頃かなと思う場所です。

街路灯と信号機の支柱は共用。

先程の交差点の脇に立つ街路灯の支柱には、車両用の信号機が取付けられ、支柱が共用のものになっています。

そしてやや下の方を見ると、歩行者用の信号機が取付けられることになりそうな、金具も用意されています。

信号機の支柱

街の中心部では電柱が無いレイクタウンの街並み。
電柱が何本も林立することなく、スッキリとして、デザイン的にも統一された街路灯で好感がもてます。

こうして街路灯と信号機の支柱を共用とすることで、スッキリとした景観になるばかりでなく、コスト的にも抑えられ、良いアイディアですよね。

信号機設置は予算待ち?

一般的に、「街路灯」は自治体や、地域の人々が費用を負担して設置されることが多いようです。

一方の「信号機」や「横断歩道」の設置については、地域の警察本部(レイクタウンの場合には埼玉県警)の予算になります。

今回のJR越谷レイクタウン駅 南口駅前ロータリー入口の交差点のケースでは、先行で整備された街路灯と自動車用信号機のみが取付けられ、歩行者用の信号機は後回しにされてしまったようです。

越谷警察でも交差点の現状を認識

レイクタウンの街ができたばかりの頃、まだ街の開発も手がつけられておらず、横断歩道の利用者も多くないと判断されて、歩行者用の信号機の設置は見送られていたのかもしれません。

歩行者用の信号機が取付けられること無く、現在に至っているこの交差点の信号機に関して、先日、北口駅前店ロータリーにできた「越谷レイクタウン駅前交番」の取材で越谷警察に伺った際に、この信号機に関しても聞いてみましたが、交差点の利用状況などはすでに認識されており、歩行者用の信号機も設置される方向で検討しているとのことでした。

ただ、警察本部(埼玉県警)の予算で、対処するべき交差点や道路は他にも数多くあり、そうした中の1つとして、予算が組まれるのを待っている様です。

JR越谷レイクタウン駅の駅前ロータリーの入口にあたり、多くの人に通勤通学で使われるルートなので、歩行者用の信号機が設置され、より安全な交通環境になることを期待して待ちたいと思います。

この記事が気に入ったら「レイクタウン情報局」をフォローして、最新記事をチェックしよう!
交通
スポンサーリンク
sora@レイクタウン情報局をフォロー
レイクタウン情報局